スポンサーリンク
スポンサーリンク

【OpenJDK】Javaが有償化、でもJavaはちゃんと無償で使えます!

Javaが有償化され、もうJavaは使えないのではと思う方が多いと思います。

しかし、2018年9月にリリースされた「OpenJDK11」はその名の通り「オープンソース」なので無償で使用することが出来ます

また、Oracle公式の文書にも「(有償版との)機能的な差異をなくした」とありますので、「OpenJDK」で機能的に困ることは一切ありません

では、一体有償化とはどういうことなのでしょうか。

有償版と無償版のサービスの違い

Javaでは、OracleJDKOpenJDKがあります。

このOracleJDKというのは、昔なら無償で使うことができたのですが、現在は有償でのみ使用が可能となります。

一方でOpenJDKというのは、OracleJDKとまったく同じ機能ですが、これは無償で使用することが可能です。

本当に機能は同じなの?

このサイトでも様々なJavaのプログラムを紹介していますが、そのどれもが「OpenJDK」でコンパイル・実行をしたものです。

当然OracleJDKのドキュメントに記されている様々なクラスに関しても、全て使えます

ちなみに「java」コマンドでバージョン確認すると、以下のように表示されます。

このように、「OpenJDK」の名前がちゃんと使われていますね。

今現在使っているバージョンは「OpenJDK11」であることがわかると思います。

では、同じ機能なのに何故有償版と無償版が存在するのか、次に紹介する項目で説明します。

アップデート・リリースの提供

これが最も重要な点です。

 

例えば、現在「JDK8」というバージョンを使っていたとします。

しかし、プログラムの改変やその他の事情などで、どうしてもバージョンを固定しなければならない場合があります。(個人開発や学習だとほぼないですが

そういった時に無償版を使い続けてしまうと、サポート終了後は「アップデート・リリース」を入手することができません

つまり、何かしらの脆弱性が見つかっても無償版だと脆弱性が改善された「アップデートされたJDK」を入手することができないのです。

逆に有償版に切り替えれば、本来のサポート期間が終了しても「アップデート・リリース」の入手を行うことができます

 

この有償版にて提供される「アップデート・リリースの提供」というサポート、これが無償版とのサービスの差となります

 

ですので、今後JDKのアップデート・リリースの提供をしてもらいたい場合は、有償版に切り替える必要があります

サポートサービスの内容

どのくらいの期間サポートを受けるのかによって、有償化サービスの名称も異なってきます。

サポートの名称説明
Premiere SupportLTS(サポートの対象となるもの)指定されたリリースの提供開始から「5年間」
Extended Support「Premiere Support」の終了から「3年間」の延長サポート
Sustaining Support「Extended Support」が終了した場合の「無期限」延長サポート

 

こういった機能を使う前に、「Javaを習得したい」「Javaで個人開発をしたい」と思っている方に関しては、有償版を使うメリットはほとんどないので、「OpenJDK」を使っていつも通り無償でJavaを使うことをオススメします。

OpenJDKのダウンロード

 

OpenJDKをダウンロードする場合は、以下のリンクからファイルをダウンロードする必要があります。

JDK 12 Releases

赤い枠で囲った中から現在使用しているOSの種類のファイルをダウンロードしてください

ダウンロードしたファイルを解凍すると、「jdk-12.0.1.jdk」というフォルダができると思います。(OSによって「jdk-12.0.1.jdk」というフォルダ名が微妙に違うかもしれません

Windowsの場合

Windowsの場合は、解凍して出来上がったフォルダを「Cドライブ直下(C:\)」に置きます。

そして、フォルダ内の「bin」フォルダのパス(C:\jdk-12.0.1.jdk\bin)をコピーし、環境変数「Path」に設定してください。

 

環境変数は、スタートメニューの検索窓に「環境変数」と入力すると候補が出てくると思いますので、「環境変数の編集」を選択してください。

そしたら、表示されている環境変数の中から「Path」を選択し、「編集」→「新規追加」で、「bin」フォルダのパスを入力してください。

 

これで設定が完了したので、コマンドプロンプト内で

上記のコマンドを実行し、実際にバージョンが表示されるかを確認してみてください。

Macの場合

ダウンロードしたファイルを解凍し、「jdk-12.0.1.jdk」というフォルダを生成してください。

そしたら生成したフォルダを「/Library/Java/JavaVirtualMachines」というフォルダに以下のコマンドを使ってコピーします。

 

次に、「.bash_profile」という隠しファイルを編集します。

上記のコマンドで「.bash_profile」の編集が行えます。

※「.bash_profile」がない場合

「.bash_profile」がない場合は、新たにファイルを作成する必要があります。

以下のコマンドで「.bash_profile」を作成してください。

 

Vimの使い方

・「i」キーで編集モードにする。

・「ESC」キーで編集モードを終了する。

・編集モードを終了した状態で、「:wq」と打ち、エンターを押すことで上書き保存して終了することができます。

 

以上の使い方を知っていれば編集が行えるので、以下のコードを入力してください。

(.bash_profile)

「-v」の後ろの「12」といい数字はバージョン名です。

 

最後に

上記のコマンドでバージョンを確認してみてください。

コメント