OpenCV

【OpenCV】コントラストを変えてみる【Python】

コントラストの考え方

コントラストを表現するためには、明暗を強調する必要があります。

なのでこのようなグラフの形をとります。数字は色の段階です。

「0」なら真っ暗、「255」なら明るいといった感じです。

そしてこのグラフには最小値・最大値が存在します。

今回は最小値を「40」に、最大値を「180」とします。

そうすると、「40」以下の場合は「0」に、「180」以上の場合は「255」となるため、暗い部分と明るい部分が強調されるようになります。

また、その中間部分は以下の数式で表現します。

\(min = 40 (最小値), max = 180 (最大値)\)

\(oldcol = 元の値, newcol = 新しい値\)

\(newcol = (oldcol – min) \times \displaystyle \frac{255}{(max – min)}\)

これがコントラストの仕組みです。

 

また、今回使用する画像は、ぱくたそのフリー画像としました。

https://www.pakutaso.com/20180312088post-15708.html

(ぱくたそのリンク)

(main.py)

結果

このような画像が表示されたら成功です。

雰囲気がとても明るくなったと思います。

コントラストの調子を操作したい場合は、最小値と最大値をいじってみてください。

ABOUT ME
IT系だんし
プログラミングが大好きな人。 趣味でゲームやツール製作をしながら、プログラミング記事を書き続けています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です